2009年07月26日

川辺にて

末期癌を宣告された中年サラリーマンは、仕事も家庭も捨てて逃亡した。着いた先は子供のころに過ごした故郷の町。住んでいた家はどうなっているか。あの気にかかっていたことをはっきりさせたい。彷徨する男の鬼気と哀愁に満ちた心象風景。(短編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タメ坊主のこと

いじめられている孤独な少年を救ってくれた山の怪人タメ坊主。心温まる童話。最後の一行が、あなたの心臓を貫く。(短編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読者の君

偽りに満ちた独白。魔法使いのナレーターが描く、美しい姪との愛欲生活。深遠な哲学的仮説に基づく実験小説。(短編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20センチの十字架

名探偵安西光彦がいどむ暗号解読。知的興奮の極致をあなたは味わうことになる。踊る人形におけるシャーロックホームズをしのぐ安西の大活躍。そして真犯人は?(中編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どいてくれ、行くところがあるんだ

バブルのときは羽振りがよかった中小企業の三代目社長が、倒産、離婚を余儀なくされて、ホームレス寸前までに落ちぶれる。退廃と自堕落の果て、進退極まった人生の最後は?(中編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郊外物語

東京郊外の同じマンションに住む2組のカップル。けちのつけようがない理想的な家庭。家族どうしで付き合っている。週末のテニスとパーティー。酒と薔薇の日々。その幸福の大崩壊。目を覆いたくなる現代の悲劇。(長編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャッカル21

寒い国からやってきた冷酷非情のスナイパー、ジャッカル。ターゲットは日本国首相コイズミか? 迎え撃つのは警視庁捜査一課の袋田警部とその相棒である怪女ライフルウーマン。ついに明らかになる世紀の大スキャンダル。ラストシーンは涙、涙、また涙。
某編集者が、これを出したらあなたも私も命がないと語った、禁断の作品。(長編)




続きを読む
posted by ドリフターズ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼子あるいは......

プロローグ

私が最も愛し、最も憎んだ涼子が死んだ。
街で一番の美女だった。
圧倒的な存在感と夢まぼろしのような空虚さを併せ持つ、まことに不思議な女性だった。存在の充実と虚無のはかなさが回転するコインの表と裏のように入れ替わって、私にめまいを起こさせた。そのあまりの魅惑に、私は、今まで歩んできた人生行路を、危うく踏み誤ってしまうところだった。私は、年齢相応の、一貫した、充足した生活を営んできたが、この破調に面食らった。実際、さまざまな意味でたたらを踏んでしまった。やっと踏みとどまって冷や汗をぬぐっているのが今の私だ。元の私にもどれたとは思われない。ただではすまなかった。
私と彼女とは随分歳が離れていた。私は、はじめのうち、これは親子関係ではないか、とあやしんだほどだった。だが、私の躊躇を彼女は思いやりに溢れた言葉であっさり笑い流してくれた。
『時間が勝手に私たちを差別しているだけなの。私は頭の中から時間を追い出しておいてからあなたとつきあっているの。だから私たちに歳の差はないと思ってね。心配しないで、私の言うとおりにしていればいいのよ』
すぐに私はわかった。彼女の言うとおり、年齢差に関する私の危惧は杞憂だった。
わからせたのは彼女の器量である。
私たちは、ありとあらゆることを語りあった。会話は通じすぎるほどによく通じた。彼女は聴き上手であり、誘導尋問に長け、私の言わんとすることをすぐさま察知して、賛同と励ましの言葉を用意してくれた。しかし、相づちを打つだけではなく、自らの主張も確実に忍び込ませ、結局は私のほうが言い含められてしまうことが多かった。私は彼女をよく理解しないまま彼女に洗脳されてしまうという奇怪な事態に陥った。洗脳の内容は言えない。
会話以外の行為もこっそり、あるいはおおっぴらに、とりおこなった。
週に一度か二度だったが濃厚な愛欲の時間を過ごした。必ず一緒に風呂に入った。彼女の体は、ジュラルミン製の外皮で覆われた爆弾のようにきらめいていた。今にも爆発しそうだった。
女神である涼子と醜悪を極めた私は、これ以上ない対照の妙だった。美女と野獣はバスタブの中で戯れた。絶対矛盾の、あるべからざる、奇跡的一体化。
彼女は、タイルの上に私を横たえると丹念に全身を洗ってくれたものだった。私は自分の醜い体をビーナスの前にさらけ出すのは恥ずかしかった。湯気で薄暗くなった灯のもとで、私は、体中にたくさんのまだらな影をつくっていじけていた。ほとんど影そのものだった。
ところが涼子は私の醜さを、興味津々、好奇の的にしていたふしがある。愛玩してさえいたかもしれない。あれだけ美しいと、もう美には関心がなくなり、退廃が形をとったような私の醜さを、新鮮に感じたのかもしれない。
あんなに若いのに、性の手練手管には精通しており、私は快楽の最中にも、知らないことはまだまだあったのだな、と感慨これひとしおだった。こんなみだらな女になるまでにはよほどのことがあったはずだ。私はその幾例かを知っているに過ぎない。
なぜ彼女を強く憎むようになったのか。
彼女をあまりに愛しすぎたので、私が崩壊しそうになったから。彼女が私に盛った愛の毒が効き過ぎてしまって、私が中毒症状を起こし、身の危険を感じたから。私の理解の及ばないままにこれほど私を愛させてしまう存在を許しがたく思ったから。私と涼子とどちらが生き延びるべきかという選択を自らに突きつけて、私は私をとってしまった。その醜悪な判断を私に教唆した涼子を、私が逆恨みしたから。つまりは私のとてつもないエゴイズムが涼子への愛に対抗して眼を覚まし、私を猛然と擁護したから、とでも言っておく。
私が最も愛し、最も憎んだ涼子が死んだ。
私が殺した。



続きを読む
posted by ドリフターズ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする