2019年08月15日

夏真昼 死は半眼に 人を見る


……


小学五年生の夏休みの時に、私は、重症肺結核患者であった父親の胸部レントゲン写真を見る機会があった。

鶏卵そっくりの空洞が、両肺に何個も散乱していた。

仰天した私は、父に、これでも生きていられるの? と問いかけた。

父は笑った。

自分の目の前にいるのは、幽霊かな?。

だが、やつれはてて、もう やっぱり幽霊だった。

その二年前の夏真昼、私とキャッチボールをして、そのままでいろよと言ってから、豪速球を投げ込んできて、私をのけぞらせ尻もちをつかせた父とは大違いだ。

秋になって、死んでしまった。三十九歳。体重は37キロだった。

posted by ドリフターズ at 16:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。