2019年09月06日

ジョージよ、さらば。

私が小学生の時、同級だったのが、ジョージだ。

金髪、碧眼。見た目はまったくの白系アメリカ人だったが、日本人パンパンとアメリカ人兵士との間に生まれた混血児だった。

兵士に捨てられ、母子は崩れかけた木造家屋の階段の下、三角形の物置に、相互に折りたたみ合いながら暮らしていた。

私は、ほぼ毎日、階段のそばの廊下に通い、勉強を教えたり食べ物を運んだり相撲をとったりしていた。

母親は私と目を合わせようとせず、いつもいつも右に左にと避けて、なんとか後ろを向こうとしていた。

ジョージとは額を突き合わせて色々話をしたものだ。

何年もたってから、同窓会で、酔っぱらった私の耳に、お前、何言ってんだよ、ジョージはもうとっくに死んでるよと教えてくれた者がいた。

あ、そうだったの。
posted by ドリフターズ at 19:43| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。