2019年09月20日

ぶどう

君が、の葡萄を宅急便で送ってくれたって 今晩六時以降に着くって? 

レキサンドリアかナイアガラか。


五六歳のころ、父が、緑色のブドウを僕に与えた。マスカットオブアレキサンドリア。


異国からの風が口と鼻の中に吹き寄せてきた


味も、経験したことがないものだった。たとえるべき持ちあわせ経験がなかった。



アフリカ原住民が、紫色の、自分の皮膚の色と同じのブドウに、房ごと噛みついていた映像を、同じころ見た覚えもある。


小学生になって、冷蔵庫に保管されているブドウをこっそり盗み食いしうと企み、勝手口から家に入ったところ、父が先に盗み食いをしている最中だった。現場を押さえられた父は、私に一房くれて、照れ笑いをしたぞ。


チャイムが鳴った。着いたかな?

posted by ドリフターズ at 20:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。