2020年03月20日

コロナウイルスの寿命

エアロゾル状態(数ミクロンレベルでの空中浮遊状態)で、三時間後に一割強が生存しているという観察結果が、海外の複数の研究機関から発表された。

これを私が解釈すると、その状態での半減期が一時間であるということになる。

元の個体数が100だとすると、一時間後に半減して50になる。

さらに、一時間経つと、半減して25になる。

さらに、一時間経つと、半減して12.5になる。一割強だ。

posted by ドリフターズ at 18:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。